英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

continental breakfast

大学でのTOEIC集中講座の前半を終えて、半分安心したところである。
325点以下のクラスなので、基本から丁寧に教えている。
中学文法も適宜指導している。
もちろん、中学教師が行うような方法ではなく
実用面、TOEIC 面、自分の習得経験などから、合理的かつ実用的な指導を心掛けている。

問題集の中に
continental breakfast
が出てきた。

意味は「大陸の朝食」。
ホテルなどで使用される言葉。

問題を解くにあたっては、細かい意味を理解する必要はない。
単に「朝食」とでも理解しておけば足りる。

しかし、私は背景知識も授けている。
その言葉の理解が深まるし、他の場面でも役立つかもしれないからである。

まず、fastは、名詞で「断食」
断食をbreakするから、朝食はbreakfastなのではないか、と。

fastの発音は「ふぁーすとぅ、ふぇあすとぅ」であるが
breakfast「ぶれっくふすとぅ」となる。

continentalはヨーロッパ大陸のことであろう。

continental brreakfastは加熱しない料理。
例えば、ハム、チーズ、パン、フルーツ、ヨーグルト、ジュース、コーヒー、紅茶である。

それに対してBritish[American] breakfastは
continental breakfastに加えて、加熱した料理が含まれる。
例えば、スクランブルエッグ、ソーセージなどの卵料理、肉料理。


このように背景知識を増やせば、興味の幅が広がるし
TOEICが解き易くなるのはもちろん
将来、旅行やビジネスでも役立つはずである。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/02/01 】 単語・熟語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。