英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネイティブ信奉に要注意

日本人英語学習者同士で議論になる場合がある。
「英語の表現○○は、こういう場合でも使えるのかな」
「こういう状況では、英語ではなんというんだろう」

そんなとき、ネイティブの知り合いがいる日本人学習者がやってきて
「知り合いのネイティブが言ってたけど、○○は違うってさ。××と言うんだってさ。」

まるで鬼の首をとったかのように、あるいは水戸黄門の印籠のように
自信ありげにネイティブの意見を持ち出し、
一同を納得させる場合があるだろう。

しかし、これは危険である。
なぜなら、言葉遣いは人それぞれ微妙に異なるし、教養のレベルにも差があるからである。
また、英語の場合世界規模で使用されているため、地域によっても
使用方法、表現などが異なるからである。

アメリカでのsoccerはイギリスやオーストラリアではfootballだったりする。
しかし、オーストラリアのサッカー代表チームはSocceroosと呼ばれる。

またネイティブ・スピーカーが必ずしも正しいとは限らない。

日本語ネイティブの日本人について考える。

「そこらへん」という言葉。
「そこらへんにたくさんある。」はかなり一般的だと思う。
しかし、これから発展したのだろうか、若い人を中心に「ら」をくっつけた表現が
かなり広く使われているようである。
「どこで待ち合わせる?」「新宿らへんがいいんじゃない」
「オレのペン見なかった?」「机らへんにあったよ」
このような表現は、中高年者はほとんど使用しない。
しかし、少なくとも若い人の間では誤用ではないのだろう。

「情けは人のためならず」を誤解して
「情けをかけることは人のためにならないから、情けをかけるべきではない。」
と解釈している日本人は半数近くいるらしい。

ここ数年だろうか、「なので」を接続詞として使う人が実に多い。
「この本に興味があったんです。なので、昨日買ってみました。」
TVのアナウンサーでもよく使っているのを耳にする。

しかし、「なので」は文頭に置くのは、文法的には間違いである。
正しくは単語の後に続くのである。
例えば、「寒がりなので・・」「風邪なので・・」「静かなので・・」。

ただし、言葉は生きているから、大多数の人が誤用している場合
いずれ辞書に採用されるかもしれない。

以上のように、英語にもネイティブの誤用はありうる。


あるブログで、西暦の読み方が話題となっていた。

=================================
2012年の読み方は、
two thousand twelveまたはtwenty twelveだが
2011年は、
twenty elevenとは読まない
と書かれていた。
この結論は、32人のネイティブ話者に確認して得られたものとのことであった。
=================================

しかし、ニュースを長年聞いてきた私は
twenty elevenもあったような気がしたが・・・と思ったので調べてみた。
英語版のYAHOO知恵袋での回答の多くは
twenty eleven
が普通とのことであった。
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20101231085624AAaxunw

Urban Dictionary
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=two%20thousand%20and%20eleven


ちなみに、thousandを使う場合
イギリスやオーストラリアのニュースでよく聞くのは
two thousand and eleven
である。
and はほとんど聞こえないが。

以上のように、勉強の段階で細かいことにこだわるのも悪くはないが
英語を話すときは、間違いは気にせず堂々と話すことが大事である。

非母語話者なのだから間違えるのは当たり前。
大事なのは、話の内容と、話者の人格や態度である。




1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/02/18 】 英語習得 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。