英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言葉の地域性

前回のブログでも述べたが、言葉遣いは人により異なる。
また、地域により異なる。

日本の場合を考える。
各地域に方言が存在する。
方言は、その地域の生活環境の中ではぐくまれたものであり
とても素晴らしいものだと思う。
ぜひ、方言は将来に渡って存在し続けてほしいと思う。

私の場合、神奈川県の横浜出身のため、方言らしい方言はない。
「じゃん」が挙げられることがあるが、違うという説もある。
昔、横浜のどこかの飲食店で、方言をアピールするため
言葉のはしばしに「じゃん」をつけていたという話をきいたことがあるが・・・

なお、Wikipediaによれば神奈川弁もいろいろあるようではある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E5%BC%81

方言のある人がうらやましい。
英語ができれば、三か国語が話せるようなものである。

参照:日本の中で、最も不細工な方言は?
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4yGcBHf4zbY

ただし、全国的にばらばらな言葉をしゃべるだけでは
意思疎通に問題が生じるため
共通語ないし標準語が作られた。

以上のように、日本国内だけでも、さまざまな方言がある。
英語の場合、地球規模の広がりがあるのだから
日本の方言どころではなく、想像もつかないほど多種多様な広がりがあるだろう。

もしあなたの特に注目したい国がカナダやオーストラリア、ニュージーランドであるなら
それらの国の英語を学べばよいだろう。

もし、そのようなこだわりがないならば、英国か米国の英語を学ぶのがよいだろう。
なぜなら、それらの言葉になじんでおけば
政治、経済、科学技術、文化などさまざまな分野において便利だからである。
言葉の優勢は、国力の優勢の現れでもあり
現在のところ、世界的に見て、指導的立場にある米国や英国の言語が優勢と言えるからである。

なお、イギリスの標準英語はRP(Received Pronunciation)と呼ばれ、BBCが放送する言葉である。
しかし、このRPを話す人は、イギリス人口の3%に過ぎないらしい。

米国発音(GA=General American)を基本としている私が
BBCを聴いていておもしろかった発音は、例えば
マグロtunaや車のジャガーJaguarである。

米国では、「とぅーな」、「じぇぐわぅ」
しかし、BBCでは
「ちゅーな」「じゃぎゅわ」であった。

車の話になると止まらなくなるので、今回はこのへんで。





1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/02/19 】 雑談(英語) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。