英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

have to

英語の理解の仕方としてCore Meaning(核心的意味。以下、CM)から考えるというのが有効である。

詳しくは、拙著 「日本で英語を習得する方法」を参照されたい。


haveは、基本語の中でも最も基本的な語だと思う。

haveのCMは、「持つ」。

所有することは、人間の、そして動物の基本的欲求である。
そして、生きるためには食べなければならず、
haveには「食べる」と言う意味も加わった。

そういうわけで、haveには色々な用法がある。
今回は、have toについて考える。


I have to go there. 「私はそこに行かなければならない。」

have to は熟語として「~しなければならない」と覚えている人がほとんどだろう。

熟語というのは、多くの人が多くの場面で使用するため
その使い方が一般化した、つまり熟したものである。

では、熟す前はどうだったのか。

おそらく次のように考えられる。

I have / to go there.
私は持っている / そこに行くことを

toはいわゆる不定詞の名詞的用法である。

そこに行くことを持っている→そこに行かなければならない

このような理解を一度しておくと、いろいろな場面で役に立つと思う。






1日1回クリックして頂けたらうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2013/02/20 】 MAGICAL 英文法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。