英語・英語教育・TOEIC

英語にまつわる色々な事を書きます。Amazonベストセラー第1位「MAGICAL 実用英文法」。その他「発音」「会話」「TOEIC」などオススメ電子書籍はコチラです⇒ http://t.co/CgueYZtnXj
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「どう思う?」whatとhowの違い

以下のようなTweetがあった。


whatとhowは、意味的に何となく似ているので使い分けを混同してしまいがち。

まず、コアミーニングを確認。

howのコア=どう、どのよう(手段・方法など)
whatのコア=何、どんな

天気を聞くとき
How is the weather?
What is the weather (like)?

言葉が違う以上ニュアンスは異なるからあえて日本語で違いを考えると
天気はどう?
天気はどんな(感じ)?

whatとlikeは相性がいいようだ。日本語でも「感じ=like」をつけた方がしっくりくる。

それにつきどう思う?=What do you think about that?(コアで考えれば、「それにつきどんなこと(何)を考える?」で、日本語の「どう考えるか」は英語では「何を考えるか」というニュアンスなのだろう。


howとdo you thinkのセットは以下のように使われる。

How much do you think that was?
How do you think that it was made?
How do you think that the war will affect Japan?

要するに、アイデアそのものを知りたい場合はwhatであって、それ以外のこと(how much=どれくらいたくさん、どのようにつくられた、どのように影響する)についてはhowが使われる

ちなみに、ニュースを聞いているとたまに聞く表現を書いておく。

現場のレポートが終わった後スタジオにいる人がレポーターに対して次のように尋ねる。

What do you make of that?

コア=君はthatから何を作る?→thatからわかることは何?/thatについてどう考える?

「レポートした内容(that)からわかること、考えらることは何か」を聞いているのだろう。

この表現は会話でも小説でも使われるようだ。

makeをこのように使えるとかっこいいのではないだろうか。
【 2017/09/20 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

ミニ・アクティビティ集(2)のご紹介

この記事はブロとものみ閲覧できます
【 2017/09/11 】 お知らせ | TB(-) | CM(-)

セミの「声」が聞こえる日本人の英語習得

次のようなTweetがあった。


夏の話題でセミcicada/sɪkéɪdə, ‐kάːdə/は使いたいアイテム。以前調べたけど、なかなか覚えられなかった。「セミはうるさい、きらい」などと毎日つぶやいて記憶を定着させた。発音を「すぃけぃだ」にしたので思い出すきっかけとして、知り合いの「いけだくん」の顔と関連させた(笑)。「すぃけぃだ」と「いけだ」は音が似ているから。
今は「すぃかーだ」を採用しているので「セミは林にいる。林にいるのは鹿だ。」がよいのではないかと思っている(笑)。

動物を含め身の回りに関する英語表現は国際コミュニケーションや試験の観点からは重要度が低く、使うことはあまりないから知らなくてもそれほど問題はない。でも英会話で困るというのであれば、自分がいいたいことをいちいち調べて覚えるしかない。

蝉の鳴き声
the chirp of a cicada
*小鳥・虫の~
chirp,song,twitter等

動物の鳴き声
a cry of an animal

カモメの~
the cries of gulls


そもそも動物や虫に対する考え方・感情などが日本人と外国人とでは異なることも、頭の隅に置いておくのがよいだろう。

日本人は「虫の声」ととらえるが、外国人にとっては「声」ではない。日本人は秋には虫の声をめでるが、アメリカ人にとっては雑音でしかないと聞いたことがある。

最新の研究では、「日本人とポリネシア人だけが虫の声を左脳で認識する」とのこと。つまり「言語」としてとらえる。

日本語研究家の藤澤和斉氏によると、「日本語とポリネシア語の特徴は、母音を中心としている点(母音部族)。多くの言語は子音が中心であるため(子音部族)、これは世界的に珍しい特徴。そして、母音は「あー」「うー」など声帯の振動をそのまま伝えることで発声される、つまり極めて自然に発せられる音であるのに対し、子音は口や息で制動することによって発し、相手との距離を保ち、威嚇するための音。
日本人とポリネシア人は母音も子音も区別せず言語脳である左脳で処理するが、それ以外の言語圏の人々は、まず母音を右脳で雑音として受け止めてから、子音を左脳で言語として処理しているという。」

参照:
http://tocana.jp/2017/04/post_12883_entry.html
https://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_233784/

これが本当だとすれば、いつも私が主張していることのさらなる支えとなる。つまり「英語教育・英語習得は質より量。教授法より勉強時間を確保せよ。」との主張。
他の言語とは異なるとらえ方をする日本語で生活してきた日本人が、他の言語を習得しようとする場合、脳によるとらえ方を変える必要、というよりも脳を多言語に順応させるトレーニングをしっかり行う必要があるだろうと予測できるからである。
【 2017/09/07 】 英語習得 | TB(0) | CM(-)

発音メモ:「母音の"あ"」ちょっと細かすぎるこだわり-2-

次の<1><2>におけるアクセントの違いについては以前書いた。

<1>
abolition
academic
anonymity
acquisition

allocation (追記, 2017.9.2)

<2>
attraction
assassination
affection

<1>の単語の出だしはすべて[æ]、<2>の単語の出だしはすべて[ə]である。

例えばabolitionは[`æbəlíʃən]。一方、attractionは[ətrˈækʃən]。

詳細:
http://kics2013.blog.fc2.com/blog-entry-503.html


今回は、上の2つとは違う第3のパターン。

第3の刺客!

<1><2>の混成体か!?

例えば

abduction (誘拐=kidnapping)

これの出だしの母音は<1>と同じだが、発音記号を見る限り<1>のような第2強勢はおかれない。

/æbˈdʌkʃn/

なんとまあ、色々なパターンがあることよ。
上の3種類をうまく使い分けできなくても、コミュニケーション上支障をきたすことはないだろう。

以上、発音マニアのこだわりであった。
【 2017/08/31 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)

英語で「再来週」

英会話では来週の話をすることは割とあるが、「再来週」はあまり使わない。
いざ使おうとすると、「あれ?なんといえば…」となりがち。

英会話で言いたい表現が出てこないときは、日本語を変形すればよい。
「再来週」→「2週間後=two weeks later」

こうすれば、言いたいことはほぼ言えたことになる。

「でも、なんかしっくりこない」と思うかもしれない。

それは当然である。
日本語と英語は全く異なる言語で、全く異なる生活様式から生み出されたものであるから、日本語に完全に対応する英語は存在しないと言ってもいいのではないか。

よって、「なんかしっくりこない」と感じても深く気にする必要はない。

ただし、「自分が伝えたいニュアンスにより近い表現」は存在することが多い。

例えば、「来週と言いたいのであって、7日後と言いたいのではない。」とか。
「seven days later / a week laterはいやで、next weekと言いたい」とか。

そういう人のために、「再来週」やそれに関連する表現を以下にまとめておいた。


明後日
the day after tomorrow
一昨日
the day before yesterday

再来週[月/年]
the week[month/year] after next

先々週[月]、一昨年
the week[month/year] before last



以上、参考にして頂けたら幸いである。

【 2017/03/29 】 発音・スピーキング | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。